2015年06月10日

ニキビは、まず、生活習慣を見直すことから・・・


ニキビのお悩みと無縁の方は、「大人になってもニキビで悩むの?」と思いがちでしょうが、20歳を過ぎてからできる大人ニキビのお悩みを抱えている方は、大勢いらっしゃいます。

男性ホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌されることが原因で発生する10歳代の思春期ニキビと違い、大人ニキビは、角質肥厚や活性酸素、さらに、夜更かしによる睡眠不足、無理なダイエットによる栄養の偏り、ストレス、紫外線、喫煙、間違ったスキンケアなど、さまざまなことが絡み合って発生します。

しかし、実際に、自分の顔を鏡で見て、赤くポツンとできたニキビをみつけると、とても気分が滅入り、ブルーな気分に陥ってしまいます。

しかも、大人ニキビは、やっと治ったと思っても、また、直ぐに同じ場所にできて繰り返すという、とても厄介なものです。

そんな大人ニキビの対策としては、さまざまなことが挙げられます。

例えば、「赤くなっているニキビ跡にはビタミンCを配合した美容液や化粧水を使う・・・」

「色素が既に沈着のニキビの跡にはピーリングジェルが効果的・・・」

「重曹を加えた洗顔料を使って洗顔すれば、毛穴汚れや角質のお手入れができ、ニキビ治療に効果的・・・」などと、美容雑誌を見たり、ネットで調べると、さまざまなスキンケアが紹介されています。

しかし、ニキビを予防し、改善する対策として、まずは、自分の生活習慣を見直すことが最も大切です。

毎日、夜更かしを続けて寝不足の状態が続いたり、痩せるために極端に食事量を減らすダイエットを行って、栄養が偏ったりすると、ホルモンバランスを崩して、ニキビができやすい状態をつくってしまいます。

特に、食事よりも睡眠不足の状態のほうが深刻です。

人間の体は、2〜3日くらいインスタント食品やスナック菓子ばかりを食べて、栄養が偏っていても、そんなに体調に変化は感じられませんが、夜遅くまで起きていて、次の日、睡眠不足の状態ですと、体が重かったり、頭痛がしたりと、直ぐに体調にあらわれます。

このように、肌も、食事よりも睡眠の方が大きく影響を与えます。

ニキビ対策のスキンケアでは、1日朝と夜の洗顔を行い、常に肌を清潔に保ち、その後、潤いを与えてしっかりと保湿するという基本中の基本と言われるケアが一般的です。

確かに、このような基本のスキンケアも大切ですが、まずは、規則正しい生活を送るということを考えましょう。

食事は、1日朝、昼、晩の3食を、栄養バランスを意識して規則正しく摂り、睡眠は、最低でも6時間以上とるようにしましょう。

ちなみに、夜10時〜深夜2時の間は、肌のゴールデンタイムと呼ばれ、その間に睡眠をとるのが美肌に効果的とされています。


posted by 治すんジャー at 21:37| ニキビ予防・改善

2015年06月02日

ニキビ痕として残らないように・・・


実際、ニキビは、ものすごく悩みます。

最初にニキビができ始めて悩む時期というのは、主に思春期の頃ですから、気にして仕方のなかった方もたくさんいるのではないかと思います。

また、成人してからできる大人ニキビも、何回も繰り返してできるという特徴があり、しつこくて厄介なため、最も悩まされる肌トラブルの一つになっています。

そんなニキビはできる前に、しっかりと予防しておくことが大切ですが、できてしまったら薬で改善することもできます。

薬局屋などへ行き、薬剤師に相談すると、ご自身に合った薬を教えてくれますし、痕が残らないようにニキビを綺麗に改善するスキンケア用品なども現在は数多く販売されています。

しかし、できたニキビが気になって、手で触ったり、爪で傷つけてしまうと悪化してニキビ痕として残る原因をつくることになるので十分に注意して下さい。

特に、背中や胸、お尻にできたニキビは、つい、入浴の際、体を洗っているときに、ゴシゴシと強くニキビを擦ってしまいがちです。

すると、擦ったときに傷がついて炎症を起こすと、シミとして残ってしまうケースがよくあります。

体を洗うときは、柔らかな綿タオルを使用し、また、ボディソープよりもシンプルな固形石鹸をオススメします。

現在、市販されているボディソープのほとんどは、肌の潤いを保つために油分を含んでおり、それがニキビを発生させる原因になる可能性があります。

また、入浴後にボディクリームなどを使用している方は、ニキビの部分を避けて塗るようにしましょう。

洗顔のときも同様で、ニキビを擦ったり、傷つけたりしないように注意して下さい。

ニキビ痕として残ってしまうケースとしては、3タイプあります。

まず一つ目は、赤く腫れるようなニキビができたとき、その後に赤みだけが何年も残り、消えるのに5年以上かかることがあります。

この場合、ビタミンC誘導体化粧品を使い、日焼けしないように注意して下さい。

二つ目は、ニキビが炎症を起こした後に、茶色のシミとして残るケースで、炎症性色素沈着と呼ばれています。

改善には、ピーリングが有効です。

そして、最後は、ニキビが治っても、陥没してクレーターのような痕が残っているもの。

このケースは、なかなか綺麗に改善するのは難しいですが、医療機関で強めのピーリングが有効です。


ニキビができてしまったことは、もうしょうがないので、悪化させてニキビ痕にならないように、気をつけながらスキンケアを行うことが大切です。



posted by 治すんジャー at 20:33| ニキビ予防・改善

2015年05月18日

ニキビ予防して美肌になるために・・・


肌のトラブルの中でも男女年齢を問わずに悩むのが多いのは、やはりニキビといえるのではないでしょうか。

そんなニキビがひどくなった時には、洗顔石鹸でピーリングを行うようにしてみましょう。

ピーリングの時には、肌がわずかにヒリヒリとしてしまい、それで、怖くなって即止める方がいらっしゃいますが、肌が正常に戻ったら、そのヒリヒリ感がきれいさっぱり消えて、ニキビがすごくキレイに治ります。

また、ニキビができやすい体質で、わずかでも肌に負担を感じるとニキビが発生する・・・という方は、軟水を使って洗顔を行うのもオススメです。

軟水は、肌を刺激する物質が混じっていないので、敏感なアトピーでお悩みの方にとっても効果的です。

昔からニキビの跡としてよくある例が、肌がくぼんでしまうことや肌が黒ずんでしまうことです。

ニキビによるクレーターの悩みは、専門の皮膚科で治療を受けないと完治しませんが、黒ずみのトラブルは美白化粧品を使って少しずつ薄くするという対策もあります。

そして、しっかりとニキビを引き起こす原因を知り、正しい治療方法を選ぶことが美肌になるための大切な一歩になります。

さらに、ニキビ予防としては、正しい洗顔法で余分な皮脂や汚れを落とし、常に清潔な状態を保ち、洗顔後は、潤いを与え、しっかりと保湿することが大切です。

ただし、清潔を保つことが必要といえど、洗顔のし過ぎは、逆に肌の乾燥を招き、ニキビができる原因をつくることになりますので、朝と夜の1日2回の正しい洗顔を守って下さい。

特に、大人ニキビのケースは、主な原因が乾燥することだとされているため、洗顔で必要な皮脂を取り除きすぎないことが重要になります。

また、毎日、十分な睡眠を取り、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂るように心掛けましょう。


posted by 治すんジャー at 21:57| ニキビ予防・改善